千葉で増えつつある家族葬について

千葉県の葬儀会社で選ばれることが多い葬儀の形式はいくつかありますが、そのなかでも4種類の形式は千葉県以外の都道府県でもよく執り行われることがあるといいます。その4種類は、直葬、一日葬、一般葬、家族葬です。直葬は亡くなってからすぐに火葬場へご遺体を搬送して、後日改めて葬儀を執り行うという形式です。この形式は後日、社葬を執り行うという場合や家が遠方という場合に選ばれることがあります。一日葬はその言葉通り一日で葬儀まで執り行う形式です。この形式は亡くなってから葬儀を行うには日が悪いときなどに少し間をあけて行うときに選ばれることが多いです。一般葬は昔から執り行われてきた葬儀の形式で、参列したことがあるという人が一番多いものだといえます。

遺族がゆっくりと故人を思う時間がある

最近、家族葬という形式が千葉県や東京といった大都市で執り行われるようになってきました。この家族葬とはその言葉通り家族や親族、また、ごく親しい人だけで執り行う葬儀の形式です。遺族が参列者などに気を使う必要もなく、ゆっくりと故人を偲んでから見送ることができるということで、最近選ばれることが増えている形式です。参列者が少ない分、遺族の方が食事やお礼などで忙しくする必要がなく、おもてなしの準備なども考える必要がないので選ばれることが増えてきたと考えられています。故人の生前の希望で選ばれることも多く、遺族の希望だけではない場合もあります。この形式は自由に形を考えることができるので、人数などもある程度決めておくといいかもしれないです。ゆっくりと故人を思う時間を持つことができるの特長です。

葬儀の費用は50万円前後になることが多い

身内だけでの葬儀は一般葬などに比べるとその葬儀費用は少し少なめだと言われています。ですが、この形式ではお香典をもらうことができないので、収入がないということになります。葬儀費用で高額になってしまう場合もあるので、決めてしまう前に葬儀会社の人などにも一度相談してみるといいです。この形式の相場は大体50万円前後で、それ以上になることはあまりないということです。家族と親族、それからごく親しい人だけで執り行う小さなお葬式です。この葬儀の形式はゆっくりと遺族が故人を見送ることができる時間を作ることができますが、費用は自分たちでほとんど支払うことになるということを考えて決める必要があります。また、参列できなかった人たちへの配慮なども考えなければいけないので、あらかじめどこまで参列をしてもらうのか範囲を決めておくようにするといいです。

沢山の式場があり悩まれている方々へ。当社は事前相談や館内見学も行えますのでお気軽にお問合せ下さい。 最初から最後まで同じスタッフが担当し、しっかりサポートさせて頂きます。 当社は昭和38年9月に設立致しました。 お見積り・資料請求に関しましてはメールにてお伺い致します。 当社はオリジナルの文章で会葬礼状を作成している為それぞれの想いと感謝を込めて言葉を表現していくことが可能です。 千葉で家族葬をお考えの方へ